2019/04/18 13:05

実際の制作の様子を《今日の工房から》というタイトルで、投稿していきますねー


といいいつつ、昨日の作業とさっきやっていた作業のご紹介。


曙と根来

漆100%の酒器thinのシリーズで、《AKEBONO/曙》と《NEGORO/根来》というものがあります。

今はその制作をしています。

漆だけを20回以上塗り重ねて素体を使った後、朱、黒、朱、黒(曙の場合)と漆を塗り重ねます。


その表面を、昨日耐水ペーパーで研ぎました。部分的に漆が削られ下の層が見え、それが柄になります。



根来


水をつけながら研ぐのでツヤツヤしてますが、実は、乾くと艶消し状態です。

これが昨日まで。


今日は、そこに生漆を摺り込みました。


生漆  ウルシノキに傷をつけた時に浸み出した樹液


左側が摺り漆をする前のもの。右はした後のもの。
このように、研いで艶がなくなった表面に渋めの輝きを宿していきます。

明日、もう一度摺り漆をします。


  • Home
  • About
  • Blog